マンションで水漏れがあったら

マンションには多くの共有スペースが存在しています。共有部分を誤って破損してしまったり、自分の占有スペースの一部が破損した結果、共有スペースや別の人の占有スペースに被害を与えてしまったりすることがあります。マンションは構造上、上下左右の住人と壁では区切られているものの、ライフラインとなる、ガス、水道、電気のラインが途中まで一緒になっています。その中でも特に水道に関しては、周囲に被害を及ぼしやすく、水漏れによって階下に被害を与えてしまうことがあります。そのため、多くは入居の条件として保険に入ることを義務付けているのです。

賃貸の火災保険について

賃貸マンションを借りる場合は、火災保険の加入が義務付けられている物件が多いです。これには様々な内容が含まれています。まずは、水漏れや火災に備えるためです。まずは、洗濯機のホースの栓が外れた場合の水漏れ被害等を賄う個人賠償責任保険があります。次に、借主による火災が起きた時に貸主に支払われる金額の補填を行うものがあります。その他にも、盗難、鍵の故障、設備のヒビ割れ等に対応出来る場合もあります。しかしながら、マンション室内外で被害にあった場合は、そちらをカバー出来ないものもありますので、契約の際には内容の確認をきちんとしておきましょう。

↑PAGE TOP