マンションの地震保険

マンションは、室内は個人の所有ですが、エントランスや廊下、階段をはじめとした共有部分、外壁や主要な柱などの構造部分はオーナー全員の共有財産です。2011年の東日本大震災以降、それまで地震は少ないといわれていた九州を含め、全国各地で災害の脅威は生活に直結する問題です。大きな地震があったときに、住宅の再建は行政のサポートを待っているよりも自らスピーディに動くのが効果的ですが、マンションの場合、共有部分の補修には住人全員の合意と負担が必要になります。共有部分の管理は、住人全員の合意を得るのは負担能力の違いが問題になることがあるので、日ごろから保険で担保しておくのが効果的です。

保険に関する知識を得る

保険に関することを知ることは、マンションを購入する時などにとても大切なこととなります。マンションを購入する時は、様々な手続きをする必要もあります。瑕疵担保に関する手続きや登記に関する知識も大切になります。火災保険などに加入する時は、保障の範囲について知ることが重要になります。様々な手続きをする時は、その内容の確認が大切になります。商行為は契約に基づいて行われるため、契約内容の確認をすることで、後々のトラブルを防ぐことが可能となります。準備を的確に行うことで、住まいの購入の手続きはより円滑化します。

↑PAGE TOP