賃貸マンションでは保険が義務

賃貸マンションを借りて住む人には、家賃の支払いとともにその部屋を大切に扱う善管注意の義務があります。そして、契約を解約してその物件から退去する時には原状回復義務といって部屋を元通りにする義務があります。この原状回復の義務は、火災の時にも適用されます。つまり、火事を出してしまったら室内を元通りに修繕して大家さんに返さなくてはならず、これはもらい火つまり自分が火元でない場合も同様です。火災のあとを自力で賠償するのは現実には難しいので、保険を契約しなくてはなりません。賃貸マンションは大家さんの持ち家なので、借り手の方は借家人賠償特約の付加された火災補償に契約し、万が一の火事の時には原状回復の義務を保険で補償してもらえるよう契約しておく義務があります。

保険の選び方と注意点

マンション保険を選ぶ場合は、一戸建ての場合とは違い共有スペースもあるので、管理人や他の住居者に確認をすることも大事です。積み立てにするか掛け捨てにするかで、毎月払う費用も大きく変わってきます。余裕がある場合は積み立てにするといいですが、余裕がない場合は掛け捨てにするといいでしょう。どんな補償が必要でどんな補償が必要ないかも、一戸建てとは違うのでしっかり確認することが大事です。マンション保険に加入する場合は、会社や代理店選びも重要になってきます。長い付き合いになるので、費用だけで選ばずサービスの質や、会社や代理店の担当者の応対などもしっかり確認して選ぶことが大事です。

↑PAGE TOP